OLの週末はテレクラ

恥かしながらワタクシテレクラにハマっております。。

駄目な男子?

あたしも女盛りなんだから、チャンスを逃すのは敬遠するべきだから、挑戦するしかないな。いっぱいの結婚資金はそれほどは必須でないけれど、あるに越したことはないね。
あー、優しいオンナになりたい!意外なこともあるし時には挫折感もあるものだね。しかしワタシはやってみせるぞー!
どんなにベタ惚れでも別れは突然にやってくるもの割り切ることも大切だね。ある程度好みの時に会える甘い関係というのは同居はじめたらどうなるんだろう?と不安。
例えば時を構わずラブラブな男女関係を実現したいね。
例えばだけど、王子さまのような理想の恋人が現れないかと妄想しても無用だよね。挑戦してもNGな恋はどうすればいいのかな?そこそこ不安だったり(--;)。
だけど違和感があるお付き合いを継続するのはちょっと心配でしょうから、私はイヤだな。この前付き合っていた人とは1ヶ月も連絡取らなかったときもあったから、べたぼれな関係を維持するにはもっと一心同体でいるほうがいいと思うよ。お正月くらいまでには密接になれる男の人を見つけられると楽観視していたけど・・・(+_+;)。ちゃんとした意見を持っている大人な男の人も結婚相手としてはいいよね。
基本的に周りの仲間を見ていると恋愛関係が半年続いて結婚、というのがすごく多いみたい。ベタボレな関係を持続するツボはなんなのかなー?
いまいち流行の洋服には疎いけどわたしなりには他で気負いを意識しているつもり。独身だと喧嘩すらできないから意外とさびしいんだよね。
それにしても男性の選定はとことん用心深くやりたいものなのよ。

カテゴリー:日記

婚活の希望は高く!

たいていは、好きな男性はがっしりとした人で積極的な人かな。えーっと、贅沢?実際のことはわたしにはわからないけど、結婚相手に求める目標は高いらしい。
人柄重視型とルックス重視型のどちらかといわれれば、えーっと、厳しい選択。ドラマにあるような求婚をされるにはどんな場所がいいかなー?
そういえば洗濯の腕を上げたら男性はそういうファミリー的なフェミニズムにべた惚れかも。ちょっとした自分磨きでもオンナの色気を倍増させることができるかもしれないから意識しよう。
あ。そうそう、大人の会話好きな友人によると、男性心理は色っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。
ひとしお自分磨きに踏ん張りが必要だね。ちなみに仮に恋人と同居をはじめる前にはどんな点を確認したらいいのかな。
えーっと。趣向は見た目に表れるもんだね。初対面でチェックしたいところ。でもね、逆に結婚願望が強すぎなのはダメなの?と最近ふと思うのよ。
目標を高く持ちすぎるとラブロマンスが億劫になってしまうから柔軟に対応したいね。吟味に選定を重ねているうちにダイスキな男はとられていくのよねぇ。
たいていの場合、初対面の男の子に対しての愛情表現をアップさせるといいらしいね。典型的な巡り逢いの場所と縁が少ないわたしはどうしよう?ワタシだって艶っぽさがあるうちは活用すれば大丈夫よね。
寿退社してった知り合いは半年間も結婚活動 頑張ったんだよね。えらい!これから先の婚活はインターネットとかE-メールでますます盛んになっていく気がするんだよね。一昨日も年格好不相応なアベックを見たけど、ああいうのも楽しそうで興味深いものだね。

カテゴリー:仕事

友人から彼へ進展

だれか、単純に堅実な男の子と両想いになれる手段を教えてくださいよ・・・。そうそう、いくら仕事で忙しくても結婚後は家族中心の関係はつぼですよねー。
可能なら結婚活動 がうまくいく見込みをいつでも信じていたいよ。確かに結婚活動 はしんどいことだけど愉快なこともあるからまあいいか。。。
やっぱり理想は3年後には結婚申し込みされることだよね。血液型判断は100%は信じないけど、ある程度興味はある。
学生時代からの仲間はもう結婚活動 してるらしい。どうする、ワタシ(T0T)。たくさんの男の人と遊びたい。しかし、甘い言葉には用心深く対応しないとね。
そこそこ出会いに関しては大胆な男だと好意が持てるものなんだよね。それから、大人の会話好きな友人によると、男心は愛嬌で変えられるという単純なものだそうだね。
なにげに今度の出会いに期待しているワタシなのです。それはさておき私には晩婚というのはちょっとNGなんだよね。結婚適齢期のうちが有利ね。
そういえば、大人の会話好きな親友によると、男性心理は色気で変えられるという単純なものだそうだね。あ。そうそう、オトコのカッコいい洋服はドキュンとくる魅力でセクシーさ倍増だから。やっぱり今日はすごく疲れたー。独り暮らしじゃなかったらなぁ。
ひときわ自分磨きが必須だなあと実感。是非かっこいいひとで家庭的なひとがあたしには最適だなあ。理想論過ぎ??あ、不倫がバレておつきあい停止になった男の人の先輩は今頃どうしているのだろう?

カテゴリー:婚活

合コンで色っぽさをアピールしたい

ちなみに、メンズのカッコいい装いはドキュンとくるアピールポイントで色気増加だから。建築家みたいに稼ぎがちゃんとしているメンズがいいなあ。
共同生活始めたらどん引きしてしまいそうな男性もいるだろうから生活スタイルは重点よね。ちなみに、なかなか遊びなれているわたしでも、時折初対面はマジで緊張するもんさ。
恋の哲学というかな、人それぞれ様々な立場があるね。がっしりとしたひとに結婚申し込みされたら満足するだろうな。あたしにもタイミングがあると信じるよ。
次の恋でNGなようなら結婚活動 は挫折なんかな(--;)。うんうん、今日は本当に疲れたー。シングルじゃなかったらなぁ。
ちょっとした違和感はあってもインスピレーションは大切にしたいわたし(^^)。ちょっと巡り逢いに関しては大胆な男の子だと親愛感が持てるものなんだね。
なんとなく巡り逢いに関しては大胆な男の子だと好奇心が持てるものなんかなー。相手に思いを見抜かれるのは怖いけど、胸中を伝えられないのはもっと大変よね。
あ。そうそう血液型判断の占いは当たらないなあと複雑な感情です。次回の火曜日は仕事だけど新しい巡り会いに期待すると仕事もたのしいよ。そうかー、お見合いにもメリットはあるから活用しない手はないね。ブライダルなんかイメージしちゃうとずい分意欲が高まるなあ。ワタシって単純ね。
女子の目標の愛情は基本的に両想いですね(^^)。立場っていうか、価値観が大人なのが最低条件だよね。どう?

カテゴリー:恋愛

お薦めの血液型判断はなにかな?

いまいちトレンドのファッションには疎いけどわたしなりには他で奮闘を意識しているつもり。クリスマスくらいまでには一緒になれる男子を見つけられると楽観視していたけど・・・(-_-;)。
でも、お付き合いから夫婦になってもお互いケンカは回避するべきだけど、それは困難なことよね。年収は肝要だけど、最近はカレとの外食のときは割勘がノーマルって聞くし。意外。
それにしても目標は高く持たないとね。しかしわりと私って上手にやっているほうだよね。
たとえば時を構わずベタ惚れな男女関係を実現したいね。
ひとしお自分磨きが大事だなあと実感。確かに結婚活動 は大変なことだけど心が引かれることもあるからまあいいか。。。
あたしの周りの結婚意識のある親友たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。できるだけ結婚相手紹介サービスは利用したくないし、あと1ヶ月くらいは頑張るかな!仲間の誘いにも負けず今度のお正月には・・・(^^)。そうそう、公私でいざこざがいっぱいあるあたしは普通じゃないのかな?
ケンカで別れたカレとよりを戻すなんてこともなにげに考えると大丈夫と思えるね。実際のことは私にはわからないけど、結婚相手に求める理想は高いらしい。ときには私って、面白くない女の人かも、と思うと気落ちするなあ。

カテゴリー:日記

結婚相手紹介サービスの活用もあり!?

無益なめぐり合いはできればしたくないけど、難しい課題ね。わたしもいつか家族を持ったら家事が毎日。そう考えると大変よ。
しかし独りぼっちの気楽さも楽しみの一つだよね。わかるよ。今度の月曜日は親友の結婚式だけど、自分の花嫁衣裳を想像してしまうかも。
私的には草食系男子もお奨めー!外見が駄目でも家庭志向なのは男の人として合格かも、と思える今日この頃。
意外にチビなメンズはごめんなさいだけど、男のセクシーさがあればまだマシだと思えるあたしなのであります(^^ヾ)。ぜひ肩幅があるひとでやんちゃなひとがワタシにはピッタリだなあ。理想論過ぎ??
うーん、お見合いにも利点はあるから活用しない手はないね。失敗を重ねたりすると更に慎重になるのもわかるけどアタックが大切ね。
あたしも早くワンサイドラブから解放されて婚活に集中しよー、っと(*^^*)。んー、純真な愛でしょうね。
それにしてもね、逆に結婚願望が強すぎなのはダメなの?とこの頃ふと思うのよ。次回チャンスがあったときには思い切って本当に逆玉に乗ってみようかとも考える若干の違和感はあっても予感は大切にしたい私(^^;)。わたしには見解をちゃんと持っている興味深い人がお似合いですよね。
寿退社してったトモダチは1年間も婚活頑張ったんだよね。えらい!きっちり異性を分かり合うことができるくらいの器の大きさが必須なんだなぁとつくづく思う。
ワンサイドラブのオトコとのランデブーがうまくいくように前からエステ行っておこうっと。まだフィアンセもいないくせに日ごろからハネムーンのことを妄想する無益な日々を過ごしております(^^)。
ちゃんとしたセンスの持ち主って草食系にはなかなかいないと思うのは私だけ?

カテゴリー:婚活

プロポーズの好機は逃したくない

最近はひまな時間を敬遠するように努力しています。未来の婚活はインターネットとかメールでますます盛んになっていく気がするんだよね。
結婚願望を日頃から継続するように頑張るかな。少しずつ女盛りが過ぎていくと感じると時には鬱なのかなあと思っちゃう(--;)。
あ。そうそう、メンズのカッコいいファッションはドキュンとくるアピールポイントで愛嬌増加だから。最も色っぽさが出る装い買いたいけど大胆すぎるのもダメよね。
きっかけは逃したくないけど、タイミングは何度も訪れるはず。
そういえば前回ある人とアドレス交換したけど電子メールが来ない。どうしよう?(-_-;)私と同世代の女の人の状況はどうなんだろ!?
この頃はつくづく様々な男がいるなあ、と慎重にチェックしているけど。私の周りの結婚意識のあるトモダチたちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。相手に求める愛って、なに?とこのところは変なことを想像してみたり、この頃の私は変だね(-_-;)。稼ぎは大事だけど、最近は恋人との外食のときは割勘が通常って聞くし。予想外。あたしに幸福が訪れる機会はいつなのかなぁ。
あまり見掛けがパッとしない女の人でも惹きつけるチャームポイントがあれば男は艶っぽさを感じるものです。OLやっている先輩はドキドキな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩み事なのだそうだ。うんうん
それはそうと私には晩婚というのはちょっとダメなんだよね。適齢期のうちが優勢ね。ある程度巡り会いに関しては大胆なメンズだと好意が持てるものなんかなぁ。
アプローチしてから両想いになるときの女性心理の変化は凄くドキドキするものだよね。

カテゴリー:結婚

職場恋愛?ぜひ!

未来の婚活はインターネットとかeメールでますます盛んになっていく気がするんだよね。基本的に周りのトモダチを見ていると恋愛関係が2年続いて結婚、というのが凄く多いみたい。
でも考えてみればルックスと人柄は両方大事だね。そもそも男の人はオンナの泣いたときの顔を見て胸を焦がれるらしいね。
わたしも早くワンサイドラブから解放されて結婚活動 に集中しよー、っと(^^;)。えーっと、いくら仕事で忙しくても結婚後は家庭中心の関係はキーポイントですよねー。
ちかごろ気になっているひとは、わたしに携帯番号聞いてこないし。なんかガッカリ。やや可愛くないわたしでも性格は多少アピールポイントになると思うんだ。たぶんね。
まあ、基本的に女盛りを逃して晩婚を目指すもの困難なような気がするわね。日常的に自分磨きだね。華麗になりたい。
メンズにとっては女の人のビックリしたときの表情もチャームポイントとなるらしいね。やっぱりわかんない。えーっと、医者みたいな男の人達と飲み会したいなー。年収は重要ね。
近頃は確かに純真な恋愛観を持った人は少ないけど、たいていの場合気にしないよねぇ。うんうん、ゴールデンウィークに予定がないワタシはなんだかむなしい気持ち。話は変わるけどわたしには晩婚というのはちょっと駄目なんだよね。女盛りのうちが優勢ね。うんうん、外観はファッションや化粧でどうにかなるけど、人柄を磨くのは結構みんな悩みの種なんだよ。
とはいっても違和感がある交際を継続するのはちょっと大変でしょうから、ワタシはイヤだな。面白い人もダイスキだけど、思いやりのないメンズはノーサンキュー。

カテゴリー:婚活

--power links--

  • テレクラ
    無料サイト情報がてんこ盛り! がっつり遊んでやりましょう

  


↑↑電話番号一覧☆クリック↑↑

最近の投稿
再発見!いやらしい声とは
疑いなく目標を達成する会話術
自分の話したことをメモるトークテクニック
目的を達成する裏ワザ
多量の専用線が嵐を巻き起こす
テレフォンレディーを見破るトークスキル
さいたまの2ショット
2ショットは好意的なイメージになったいまが第二の全盛期
カテゴリー
婚活 (55)
恋愛 (46)
結婚 (49)
遊び (53)
仕事 (46)
日記 (48)
飛燕について (17)
円光について (20)
テレクラの歴史 (26)
ラッキーナンバー (26)
会話のコツ (20)
テレクラの料金 (25)
テレクラのコツ (14)
テレフォンセックス (22)
サクラ (19)
アーカイブ
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
Copyright © 2009 OLの週末はテレクラ . All rights reserved