OLの週末はテレクラ

恥かしながらワタクシテレクラにハマっております。。

彼との初外出はどこがお勧め?

このごろはいろいろあっても常にモチベーションを保っていきたいね。ワタシも早く片恋から解放されて婚活に集中しよー、っと(^^;)。
是非性格を共有しあえると密接になれるね。交際も長続きするだろうし。あたしと同世代の女の子の現状はどうなんだろ!?
典型的な巡り会いのスポットと縁が少ないわたしはどうしよう?やはりこれから後のことは誰にもわかりません。
それはそうと昨晩は仲間から恋人についてさまざまな話が聞けたから面白かったよ。ちかごろ気になっているひとは、私に携帯電話番号聞いてこないし。なんかドン引き。
それはさておき私には晩婚というのはちょっとダメなんだよね。婚期のうちが優勢ね。わたし的にはケンカは問題ないとしても、浮気は絶対駄目なんだよね。
それにしてもわりにわたしって上手にやっているほうだよね。ワタシの周りの結婚意識のあるトモダチたちはお見合いも婚活として考えているね。
話は変わるけど、親しい友人は交際1年目で初ベッドインしたらしいけど、そういう恋愛もあるのね。典型的な巡り逢いの場所と縁が少ないあたしはどうしよう?
そろそろワタシの片想いも4ヶ月で終わりにしなきゃ。ていうか、純情な愛なんかなぁ。べた惚れで惚れるめぐり合いをしたい!
それはさておきこの前ある人とアドレス交換したけどメイルが来ない。どうしよう?(泣)できるだけありのままを尊重することができる関係を築きたいね。
こっそり公務員との社内恋愛を狙ってたりして(笑)。男女関係には友情?が根本的に無いと思うから、想定外なことで別れになったりするものだよ。
ゆっくりと優しい金持ちなワタシ好みのオトコとは出会えなくなっていくんだろうなあ。むなしいよ。

カテゴリー:仕事

フィーリングはストレートに伝えるのが要

他人の恋愛観を理解して交際するのはマジで困難なものなんだね。ひときわチヤホヤされるオンナになりたいと思う今が幸せなのかも。
タイプな男性の前で空回りトークなんかしたら落胆だけど、そしたら色っぽさで勝負かな。あ、浮気がバレて交遊キャンセルになった男性の後輩は今頃どうしているのだろう?
中身重視型と外観重視型のどちらかといわれれば、って、困難な選択。洋服も化粧もばっちりキメて行った飲み会に限って、目標の男子がいないなんてことも。そんなもんだね。
お見合いというのは適齢期を過ぎたひとがするものなのかな。うーん、わからない。やはりプラトニックな愛なんかなー。
熱々のアベックを見ると意欲が上がるなあ(*^^*)。少しずつ適齢期が過ぎていくと感じると時たま鬱なのかなあと思っちゃう(--;)。
シングルだと口論すらできないから意外とさびしいんだよね。ちなみに前ある人とアドレス交換したけどメールが来ない。どうしよう?(--;)女のわたしでも華麗な女を見かけると視線がいくからね。ゴージャスなのはいいなあ。うらやましい。時折ワタシって、キツイ女かも、と思うと気落ちするなあ。
できれば趣向を共有しあえると一心同体になれるね。交際も長続きするだろうし。どんなにベタ惚れでも離別は突然にやってくるもの割り切ることも大切だね。

カテゴリー:婚活

ファミリー志向な草食系

とはいっても、お付き合いから夫婦になってもお互い口論は敬遠するべきだけど、それは厳しいことよね。経済観念は必須だけど、最近は彼氏との外出のときは割勘が普通って聞くし。予想外。
山梨にいる色白なトモダチはこれからゴールに向けて最後の精進らしい。いいなあ。性格の不一致はやがて離別の原因になるから、用心深く決めたいね。
ところで、男の子のタイプなデートスポットって、どこだろう??とはいっても無駄なお付き合いだけはイヤだ。
先輩の誘いにも負けず今度のクリスマスには・・・(^^)。また飲み会行きたい、ほんとうに(笑)。
それにしても違和感がある交際を継続するのはちょっと大変でしょうから、わたしはイヤだな。うーん、今日は凄く疲れたー。独身者じゃなかったらなぁ。どんなに大好きな彼氏ができてもファミリー志向でないと困るものなんだよね。たいていは、好みなメンズは高学歴の人で話し上手な人かな。ああ、贅沢?
山梨に引っ越した知り合いはもうカレから部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに密接な関係なんだねー。男の子にとってはオンナの笑ったときの顔もチャームポイントとなるらしいね。そうかー、わかんない。基本的に、甘い言葉を言う男には意外と弱いのよね(^^)。

カテゴリー:遊び

低学歴の男の子は苦手かも

ワタシが気落ちするのは見た目がさわやかなでもマザコンなメンズだね。それから元気な天真爛漫なオトコでも話が急に大人の会話になるとちょっと意気消沈するかなあ。
そもそも、甘い言葉を言う男性には意外と弱いのよね(^^ヾ)。そういえば、自分磨きのやり方は多くあるね、ダイエットや習い事とか。ワタシもなにかしないと・・・。
常に自分磨きだね。きれいになりたい。今少しずつだけど変わっていく自分をなにげに誇らしく思うあたし。
この頃はいろいろあっても常に意欲を保っていきたいね。
できれば多数の男の子と巡り会いたいよ。今晩もコンパ行こうかな。じつは今晩はある誘いがあるけどたいして嬉しくないから残念。
まだフィアンセもいないくせに定期的にハネムーンのことを妄想する無意味な日々を過ごしております(^^)。ラブロマンスは年令に関係なく楽しみたいね。
ちかごろは確かに純真な恋愛観を持った人は少ないけど、たいていは気にしないよねぇ。そこそこ時を構わず会える甘い関係というのは同棲はじめたらどうなるんだろう?と不安。
あたしも結婚適齢期なんだから、きっかけを逃すのは敬遠するべきだから、アタックするしかないな。この頃突然若返った?とこっそり勘違いしているわたしはさみしい(-_-;)。あ。そうそう、ラブロマンスに年齢は関係ないと言うけれど、齢があまりに合わない男女カップルはダメでしょ。
けど無意味なおつきあいだけはイヤだ。男女関係には友情?がそもそも無いと思うから、予想外なことで破局になったりするものだよ。
なんとなく好きな時に会える甘い関係というのは同居はじめたらどうなるんだろう?と不安。ふと、怖がるときのしぐさがカワイイって、前のカレが言っていたのを思い出したよ。
べたぼれな関係を保持する肝要な点はなんなのかなー?

カテゴリー:結婚

金持ちな男性が理想

告白してから両想いになるときの女ごころの変化はかなりドキドキするものだね。人となりの無いさみしい女だと勘違いされたくないから会話にはホントにいつも気を遣うよ。
是非趣向を共有しあえると密接になれるね。お付き合いも長続きするだろうし。しかし考えてみれば外観と人となりは両方大事だね。
だけど、お付き合いから夫婦になってもお互い喧嘩は避けるべきだけど、それは難しいことよね。そうかー、好きなオトコには親近感が態度に出るよね。
告白してから両想いになるときの女性心理の変化は相当ドキドキするものだね。なるべくマッチングサービスは利用したくないし、あと4ヶ月くらいは頑張るかな!
理想をいえば夫婦になってもキスができる男女関係を維持したいよ。相性占いは100%は信じないけど、そこそこ興味はある。
時たま私って、器が小さい女の子かも、と思うと気落ちするなあ。確実にモテるやり方を誰か教えてください。
さらに自分磨きに気負いが必要でしょ。建築家みたいに経済力がちゃんとしているメンズがいいなあ。ところで、センスの良い女性のほうが恋愛には優勢かなとひそかに思うよ。
更にモテるオンナになりたいと思う今が至福なのかも。けど、どうせなら高収入の男の子と交際したいですね。
接近してから両想いになるときの女性心理の変化は凄くドキドキするものですね。化粧品とかファッションとかは、極力女心を反映したものがいいね。
えーっと。趣向はルックスに表れるもんだね。初対面でチェックしたいところ。ファッションのセンス抜群でも乱暴なオトコだと空回りトークしそうで心配。

カテゴリー:婚活

交際したい男性は…

それはそうと何度も一緒のランデブーをしていると相手の経済力はだいたい推測できるものなのかなー。たいして格好がパッとしない女の子でも魅了するチャームポイントがあればオトコはセクシーさを感じるものです。
うんうん、公私で揉め事がたくさんあるわたしは標準じゃないのかな?そこそこ時を構わず会える甘い関係というのは同棲はじめたらどうなるんだろう?と不安。
最近はつくづくいろいろなメンズがいるなあ、と用心深くチェックしているけど。オンナの希望の愛情は何といっても両想いなのかなー(^^)。
カンタンな方向に走ると突然自分を見失いそうで怖い(泣)。だけど未婚の気楽さも楽しみの一つだよね。わかるわかる。
トラブルあってまたもめごと、というのは結婚活動 では避けられない気がしていますよ(-_-;)。話は変わるけど、下ネタ好きな同僚によると、男ごころは色っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。
ある程度出合いに関しては大胆な男だと好奇心が持てるものなんかな。例えていえば痩せ型の女の子は男性心理をくすぶるのかしら。と思ってみたり(^^)。
そうそう、公私でもめごとが多くあるあたしは標準的じゃないのかな?ああ、いくら仕事で忙しくても結婚後は家族中心の関係は要ですよねー。
器の大きい男の子とのお付き合いはかなり興味深い体験だろうなー。本当はイーメールだけで惹きつけるような書き方があれば最高よね。もうお正月かぁ・・・。暇だなあ。
今日も年令不相応な男女カップルを見たけど、ああいうのも楽しそうでオモシロイものだね。年令を考えたらあたしの結婚には両親は楽観視しているんだけどね。
わたし的には草食系もお奨めー!OLやっている先輩はベタボレな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって困りごとなのだそうだ。たしかにね
ところで、ポジティブなオトコはまめなオンナがお気に入りだねー。ほとんどの場合、お気に入りな男子は背の高い人で頼りがいがある人かな。ああ、贅沢?

カテゴリー:恋愛

ゴージャスになりたいワタシ。

わたしも早く片想いから解放されて婚活に集中しよー、っと(笑)。話は変わるけどある程度年を重ねるとどんどんお化粧が濃くなるから配慮しないと♪。
ワタシ的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然オーケー。オトコと初外食するときの会話には特に用心深く行うべきだし基本的に気をつかうものなのよねー。
そもそも男子は女の人の怖がるときのしぐさを見て好きになるらしいね。明日はひまだからどこ行こうかな?
それから元彼とのベッドインが恋愛の後遺症になるとか。どうだろう・・・。それにしても無駄なお付き合いだけはイヤだ。
多くの男の子と遊びたい。それにしても、甘い言葉には念入りに対応しないとね。次々とハッキリしたスリムなワタシ好みのオトコとは出会えなくなっていくんだろうなあ。人恋しいよ。
ああ、、今度コンパがあったら艶っぽさでしっかり彼氏をゲットしたい!新しいめぐり合いにはいつも感激するし心が引かれるものだよね。化粧品とか装いとかは、できれば女心を反映したものがいいね。
無駄な巡り逢いはできればしたくないけど、厳しい課題ね。あたしががっかりするのは見た目が短髪のでも消極的な男性だね。
あしたは暇だからどこ行こうかな?心の広いメンズとの交際はすごく興味深い体験だろうなー。
メンズって、男ごころをうまく利用すると案外コントロールしやすい生き物なんだなー(^^)。

カテゴリー:恋愛

ダサい男の子は苦手かも

一人暮らしだと言い争いすらできないから意外とむなしいんだよね。ブライダルなんかイメージしちゃうとずい分動機が高まるなあ。私って単純ね。
ワタシ、比較的キャラクターはいいほうだと思うんだよね。ぜんぜんオーケーよね。恋の哲学というかな、人それぞれさまざまな観点があるね。
やっぱり次の合コンではこの前のような失態は回避するようにしたいものだね。それはさておきちょっと年を重ねると更にお化粧が濃くなるから配慮しないと(^^ヾ)。
一層モテる女子になりたいと思う今が幸せなのかも。つぎの月曜日は仕事だけど新しい巡り逢いに期待すると仕事もたのしいよ。
化粧品とかファッションとかは、できれば女性心理を反映したものがいいね。わたしも婚期なんだから、好機を逃すのは敬遠するべきだから、チャレンジするしかないな。
次回の恋で駄目なようなら結婚活動 は挫折なのかなあ(T0T)。熱々のアベックを見るとモチベーションが上がるなあ(^^)。
って、クリスマスに予定がないあたしはなんだか空しい気持ち。たまに純情なのもなぜだかモチベーションが上がるものでしょうね。
わたしもいつか家族を持ったら洗濯が毎日。そう考えると辛いよ。なんだか突然お腹がすいてきてしまったよー(笑)。ダイエットにも挑戦しなくちゃね。それはそうと、婚活に関しては暇を作らないというのは鉄則なのよ。
見込み的には生涯独り者というのもあるのだから、適齢期の今が大切だよね。両想いで日頃から密接な関係が幸せでしょう。
それはそうと結婚依存症とかになってしまったら面倒なことだけど、ワタシは比較的問題ないよ。恋愛は年格好に関係なく楽しみたいね。
基本的にお互いの個性を分かり合うことは恋愛関係を築くときには最も大事でしょう。

カテゴリー:婚活

--power links--

  • テレクラ
    無料サイト情報がてんこ盛り! がっつり遊んでやりましょう

  


↑↑電話番号一覧☆クリック↑↑

最近の投稿
再発見!いやらしい声とは
疑いなく目標を達成する会話術
自分の話したことをメモるトークテクニック
目的を達成する裏ワザ
多量の専用線が嵐を巻き起こす
テレフォンレディーを見破るトークスキル
さいたまの2ショット
2ショットは好意的なイメージになったいまが第二の全盛期
カテゴリー
婚活 (55)
恋愛 (46)
結婚 (49)
遊び (53)
仕事 (46)
日記 (48)
飛燕について (17)
円光について (20)
テレクラの歴史 (26)
ラッキーナンバー (26)
会話のコツ (20)
テレクラの料金 (25)
テレクラのコツ (14)
テレフォンセックス (22)
サクラ (19)
アーカイブ
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
Copyright © 2009 OLの週末はテレクラ . All rights reserved